ひでじろうブログ

ひっそりとやります

「破線のマリス」野沢尚

「マリス」とは、ジャーナリズムの専門用語で「悪意」という意味だそうです。報道する側が記事をつくるうえで、これを盛り込むと、報道される側にとても不利になるということですね。

主人公の瑤子は34歳のテレビ局編集マン。家庭も子供も投げ捨てて、仕事に没頭しています。前夫からは「不幸な女だ」と言われ、上司からは「いつか殺してやる」と呪われながらも、技術レベルの高さと、作品の圧倒的な説得力でニュース番組の製作に欠くことのできない存在になっています。そんな瑤子が織り込んだ「マリス」がきっかけで、郵政省の役人、麻生を破滅させてしまいます。この2人が軸となって、物語は展開していきます。

復讐に燃えて瑤子を執拗に狙う麻生と、疑惑のぬぐいきれない麻生を追う瑤子。ある弁護士の転落死と、謎の男。麻生は黒なのか白なのか?疑惑は深まるばかり、ジャーナリズムの現場でもがき続け、追い込まれていく瑤子は、やがて自分にとっての真実を追究していきます。では真実はどこにあるのか?

「ジャーナリズムは一本の川にたとえられると言ったジャーナリストがいたっけ。新聞は川の中流あたり、上流には雑誌がある。じゃあテレビはどのあたりだというと、最も川下にあって、しかも河口付近だから塩水も混じり込んでくる。低俗番組という名のゴミもたくさん浮かんでるってわけだ。だが川幅が上流より広いということは、たくさんの人が見てくれる…。真実っていう言葉は、川下で泳いでいる俺たちにとっては浮き輪なのかもしれない。溺れかけている人間は、空気が少なくて萎んでいる浮き輪でもすがってしまう。浮き輪に?まることができたとしても、いつも足をバタバタさせていないと、顔まで沈んで呼吸ができなくなる……」

 作者はテレビ業界出身だそうで、とても説得力のある文章で書かれた、いい作品です。途中のホラーチックな描写とか、本当にどきどき。

 

「しあわせの理由」グレッグ・イーガン

ハードSFの旗手であるグレッグ・イーガンの短編集その2です。
とにかくすごい作家で、発表する作品ほとんどが、なんらかの賞をとる。内容も科学の最先端で、きわどいところを取り上げています。

得意とするテーマは、量子力学アイデンティティ。現代ハードSFの集大成というか、もはやSFのねたは出尽くしてしまっていて、この2点くらいしか真剣に、新しい視点を通して語られる物語もないのかも知れません。で、彼の作品はその新しい視点や、物語の構成方法が、ずばぬけておもしろいのです。

他人の脳みそを、自分のお腹で育てる「適切な愛」。

量子論の世界を、緊迫したレスキュー劇として描く「闇の中へ」。

記憶やアイデンティティは、データとして転送できるのか「移相夢」。

ウィルスハザードをややコミカルに描いた「道徳的ウィルス学者」。

・・・などなど、素直に「すごいな」と思える短編が9つも。これはお得だ。

表題作である「しあわせの理由」は、これでもかというくらいに細かいプロットでお話が構成されています。脳内麻薬による幸福感。その脳内作用が、ガン細胞と一緒に破壊されたてしまったあとの、幸福感のない状態。さらに、その幸福感を補うために、ダミー神経を埋め込まれた主人公の葛藤。しあわせの基準をコントロールできるとしたら、人はどのようにこの世のできごとと折り合いをつけていけばいいのか。

ちなみに、短編集その1である「祈りの海」(テーマはアイデンティティ)と、長編「宇宙消失」(これは量子力学がテーマ)もお勧めです。

 

ファイルメーカーで「Excelのピボット集計」~リレーション地獄からの脱出

いわゆる「Excelのピボット集計」をやりたいのですが、ファイルメーカーでは「無理」です。アクセスでも基本、ピボットは無理ですよ、念のため。

f:id:hidejiroo:20180205083726j:plain

なので、このように表示用にリレーションを組んで、都度スクリプトでフィールド値を設定していくわけです。

これを「リレーション地獄」と言います。
まあ、動くので問題ないのですが、計算効率が悪く動きも遅いし、なにより手直しができない。1週間も経ったら、手も足もでない。

f:id:hidejiroo:20181022074748p:plain

というわけで、上のように整理して、スクリプトを2段構えにして対処する。

動きもけっこう早くなり、メンテもしやすい。まんぞく。

リポバッテリーで駆動するWifiカメラをラズパイゼロでつくる

リポは爆発炎上の危険があるとのことなので、電源まわりは信頼性の高いモノで。スイッチサイエンスの「5V出力付きリチウムイオン電池充電器」。3000円と、ちょっとお高めだが、充電、放電に気を使わなくてよくなるのがいい。

ケースは安定のタカチ。ウォータープルーフのやつ。むかし試供品でもらった。

f:id:hidejiroo:20181017082358j:image

kuman カメラモジュール。約2000円。

ピンバイスで小さい穴をあけてから、そこにネジ込んで4箇所を固定。
f:id:hidejiroo:20181017082407j:image

あとはラズパイにストリーミングさせればオーケーで、ネットにたくさん情報があってすぐにできた。

固定IPにしてルーターに接続すると楽なのだが、できればアドホックでやりたい。

そう思ってアドホックモードにして、会社でほったらかしにしてたら、他のパソコンがこっちに引っ張られて、ネット環境が大混乱に陥りました。

以後、気をつけます。

「将棋の子」大崎善生

「羽生名人」といえば、誰でも知っている、将棋の天才。高い年収、社会的地位、マスコミは飛びつき、女子アナなんかと結婚しちゃったり、きらびやかな世界。実際、棋士たちの奔放な生活ぶりは、なにかと有名ですね。
でもそれは、厳しい生存競争を勝ち抜き、さらに強者がしのぎを削る世界で栄冠を勝ち取った、エリートの報酬です。

将棋のプロとしてやっていくには、奨励会というところに入って、リーグ戦で勝ちあがらなくてはいけません。で、それには年齢制限がある。21歳の誕生日までに初段、26歳の誕生日までに4段。そこまで昇級しない場合は、退会という規則です。年齢制限というのは、将棋の世界での死を意味します。
将棋の子供たちは、そんな世界で青春を送り、ほんの一握りの人だけが、輝かしい将棋界という夢の中で、生きていけるのです。

主人公は、札幌出身の成田君。小学5年生で、地元では敵なしの天才少年。その輝き。彼を全面でサポートする家族。17歳に東京にでて奨励会入門。プロ入り。そして22歳で2段。序盤無視、終盤の一発狙いで勝ちをとる将棋は、奨励会でも語り草になる。やがて、ピタリと足が止まり、勝てなくなる。父の死、母の闘病。現実のプレッシャーと、将棋を失うことへの恐怖。

「ただ、深い傷を負い、疲れ果てた老人のような奨励会員の姿があった。
成田をあやつっていた糸はいったいどこへ消えてしまったのだろう、と私は思った。目に見えない何ものかに動かされているとしか思えない、成田のあの人間を超越しているような輝きはどこにいってしまったのだろう。」

夢に生き、夢と戦い、敗れた少年には「年齢制限」という現実が待っている。それでも、夢は続くのか――。

「皆、元気にやっているのだろうか。敗北感や挫折とうまく折り合うことができたのだろうか。目の前に広がるこの暗く果てしない海のような挫折の海を泳ぎきり、向こう岸で幸せに暮らしているのだろうか。
夢を続けているのだろうか。」

デビュー作「聖の青春」でもそうでしたが、非常にやさしい視点、やわらかい文章で綴られています(文章は、あまり上手でない気もしますが)。厳しい勝負と、そして生活のはざまに見る、一瞬の人間の本質。それをやわらかく掘り下げていく文章です。主人公と彼のお母さんとの描写で、2回ほど泣きました。

 

Unihertz Jelly Pro のカメラ機能を試す

おもちゃみたいな見た目だけど、けっこうしっかり撮れる

比較として、ソニーXperia Z5 Premium で、同じアングルで撮ったものを載せる。

撮影場所は植物園で屋内。日光はしっかりはいるけど、曇りでした。

上がソニー。下がJelly Pro。

f:id:hidejiroo:20180325135940j:plain

f:id:hidejiroo:20180325135956j:plain

上がソニー。下がJelly Pro。

f:id:hidejiroo:20180325140102j:plain

f:id:hidejiroo:20180325140112j:plain

素数約2300万画素と800万画素では、比べる方がかわいそうだが、やはりレンズの明るさが全然違う。特に暗い部分の色の拾いかたが雑になってしまう。

でも本体は小さいし、シャッター音もしない。となると、使い道は限られてくるのか!?

Unihertz Jelly Pro の使用感あれこれ

一番気に入ってるのがフラッシュライト

これです。かなり明るい。
f:id:hidejiroo:20180321090319j:image

ウェブブラウザはこんな感じ

操作もきびきび、普通にできます。
でもやっぱり、老眼にはきつい大きさ。

f:id:hidejiroo:20180321091926p:plain

 メール作成画面

窮屈なんだけど、けっこうちゃんと入力できる。
フリック入力は大発明ですね。

f:id:hidejiroo:20180321091201p:plain

おまけ:コンパス機能

サファリみたいなアイコンがあったのであけてみたら、コンパスでした(笑)
もう道に迷うことはないっすね。

f:id:hidejiroo:20180321092037p:plain